強迫性障害を克服して心の健康を取り戻す|不安無用ホスピタル

カウンセリング

様々な治療方法がある

考える

強迫性障害になってしまうと、こだわりが強くなってしまい、自分の思い通りにならないと不安になってしまうということが挙げられます。なお、これらの症状を改善するためには曝露反応妨害法という治療方法が適しています。曝露反応妨害法は行動療法の1つであり、やりたくて、気になってたまらないものを我慢するというトレーニングになっています。最初のうちは苦痛になってしまいますが、何回かトレーニングを重ねていくことによって改善効果を発揮していくことができるでしょう。鍵を掛けて外出したか確認する、手を何回も洗わないと気が済まないなど、人によってこだわりの内容は異なっています。事前にカウンセリングを通して、個人の強迫性障害に関する具体的な症状について原因究明を行っていきます。原因を知ることによって、何を我慢すべきなのかについて知ることが出来、スムーズに対策を進められるようになれます。

曝露反応妨害法によって強迫性障害の症状を改善していくことが出来ますが、他にも薬を用いた治療方法も展開されています。抗うつ薬としられているセロトニン再取り込み阻害薬を主に使用していきます。不安に感じてしまう症状を改善していくことが可能になるので、多くの人が使用している薬になっています。なお、効果を発揮していくためには、医師から指導された用法用量を守っていくことが肝心になります。飲み忘れによって、次のタイミングで2回分摂取するということはいけません。副作用が過剰に働く危険性があるので、このような状況にならないためにも、しっかり守っておくことが必要になります。強迫性障害をスムーズに改善するためにも意識して守っておくことが大切です。